2008年6月5日木曜日




一千万円の赤字が 八倍にも増えた

 「話が違うじゃないか…」と、思わず叫びたくなることが続く。誰もがほめたたえた青森市のアウガだが、目標五十二億円に対して半分しか売れてない…とか。老後のためにと払い続けた年金なのに、記録がでたらめで、払っていないとみなされる…とか。
 十和田市では市民に芸術心をもたせようと現代美術館をつくってくれた。二年前の説明会では「毎年約一千万円の赤字が出る」と発表されたが、オープンした今年度の予算では約八千六百万円の赤字だ。どうみても話が違うじゃないか。
 「赤字覚悟の芸術施設はいらん」の声が強かったのに「公共施設は収支で判断するものじゃない」と強行した。それ以来「赤字一千万円」は今日まで一人歩きしてきた。そして今年三月、赤字が八倍になります…と市民に説明されることもなく、予算はすんなり承認された。市民への説明が不十分だったという反省が生かされたようにも見えない。
 三日の新聞で「琴を演奏する女性を男性が白い包帯でグルグル巻きにするアート」が行われたとあった。この写真を見て、何やら女性を虐げるようなおぞましさを感じた私はやはり芸術心が無いのだろう。だがオカネにせよアートにせよ、市長は分かりやすい説明をすべきではないか。

1 件のコメント:

julie さんのコメント...

Bonjour,

I'm David, a painter from Lyon, France..

Take a look at my blog and share your views on my work!

http://davidthevenetloug.blogspot.com

A bientôt!

David