2009年4月30日木曜日

世襲・高齢・多選 有権者の判断だ




世襲・高齢・多選 有権者の判断だ

 被選挙権があるのに「選挙に出てはいけな
い」と法律で規制する動きがありますが、私
は反対です。誰を選ぶかは有権者の権利です
から自分の良識を信じ、立候補者の人柄と能
力で選ぶのです。



 十和田市では十年の、青森市では二十年の
現職がともに敗れましたが、選挙のおかげで
私たちは考え選ぶことができました。立候補
が制限されていれば、市政の総括をする機会
もなかったのです。世襲だから…高齢だから
…多選だから…すなわち悪だと決めつけるの
は選ぶ機会を奪うのです。



 法律で一律に規制するのは憲法上も疑問で
すが、政党が独自に「そういう人をわが党は
公認しないし推薦もしない」という手はどう
でしょう。これなら党の意思だけで実行でき
るので、他党に働きかけることも不要です。
何よりも各党の考えの違いが明らかになりま
す。他党との調整で枝葉をいじくるよりは、
よっぽどすぐれていると思います。

2009年4月22日水曜日

新聞とテレビが 選挙の判断材料







 新聞とテレビが 選挙の判断材料

 ◇一月の十和田市長選から東北町・七戸町
長選、青森市長選まで、公開討論会を開催す
る活動をしてきた。実現できたのは十和田市
と東北町だけだったが、聴衆からも候補者か
らも感謝され手応え充分だった。

 ◇特定の候補者の集会では、ハナッから支
援ムード一色で異論・反論が聞かれない。だ
から異なった主張を聞きくらべるには、ひと
つ土俵のナマ公開討論…が最良だと思うのだ
が、会場に入れる人数には限りがある。

 ◇今回の青森市長選では告示後の数日間、
候補者の主張を新聞各紙が連載したので、政
策をじっくり読み比べ出来た。テレビ各局も
日によってテーマを変え放映したが、こちら
は動画なのでしぐさや声で雰囲気の違いがよ
くわかった。

 ◇公職選挙法には不合理な点が多すぎる。
後援会討議資料なるリーフレットを持っての
個別訪問やさまざまな名のもとの集会は、告
示のはるか前から公然と行われている。選管
が指導したり警察が摘発したという話もほと
んど聞かれない。

 ◇そんな理不尽なしばりのなかで、新聞や
テレビは信用が高いので役割は大きい。願わ
くばその機能を、小さな市町村選挙でも果た
してもらえないものだろうか。各紙・各局と
も個性があって比べるのも楽しかった。

2009年4月17日金曜日

不採用のとき 履歴書 どうしてますか

 職探しの履歴書 そのつど書こう

画像を追加

 ◇不採用の場合は履歴書を返して欲しい…

の投稿があり、立場によってさまざまだなあ

と思いました。ある工場で採用担当をしてい

たとき、採用を見合わせた応募者の履歴書は

コピーで残し、原本は不採用通知に同封し返

却していました。コンビニを経営していたと

きも同様です。



 ◇理由の一つは、今回は条件が折り合わず

不採用でも今後また採用を検討する場合もあ

るからです。その際、面接記録があれば声を

かけやすくなります。もう一つの理由は、写

真の返却です。冒頭の投稿者も書いていまし

たが、写真代もバカにはなりません。



 ◇とはいうものの履歴書がモッタイナイと

いうのには違和感を覚えます。なぜかという

とその履歴書には応募理由が書いてあるから

です。その企業を選んだ切なる思い入れは特

別なものでしょうから、他の企業に流用でき

るとは思えません。



 ◇就職難のこの時代は求職者も必死でしょ

うが、使い回しするような「貴社の将来性に

惹かれました」では通用しません。求人する

側も真剣ですから、心を込めた履歴書はすぐ

分かります。一社ごとに心を新たにして履歴

書に向かうのが大事だと思います。

video

2009年4月6日月曜日

青年たちが 選挙を変える 東北町が変わる




 青年たちが 選挙を変える 東北町が変わる



 ●政治離れが進み政治に関心を持たない人

が増えているとはいえ、首長選挙でしかも候

補者同士の力が拮抗しているとなると話は別

です。旧東北町と旧上北町とが合併した東北

町は二期目を目指す現職に県議を辞した新人

が挑み、激しい戦いを繰り広げています。



●事務所開き・励ます会・総決起大会と、

それぞれに二千人前後の支持者が集まり気勢

をあげていますが、そんな熱気の中で冷静に

行動した青年たちがいます。両方の政策を聞

きくらべるのが大事じゃないか…と、公開討

論会を企画したのです。コーディネーターと

して携わりとても爽やかな経験をさせてもら

いました。



●とうほく天間農協・漁協・商工会の各青

年部と青年農業者経営会議、青年協議会の五

団体が共同開催した討論会は、千二百人もの

聴衆でぎっしり。両候補者が事前に決めた七

つのテーマを二時間にわたって討論し、大き

な拍手を受けました。



●企画した青年たちに運営費を負担させま

いと、会場でのカンパは十一万円を超えまし

た。過去の選挙では不名誉な話題を提供した

こともあっただけに、クリーンな町長選への

期待が大きいのでしょう。前回の投票率八十

六・五%を超えるのではと噂される東北町長

選挙は十二日投票です。